ヤマザキ 糖質ひかえめブレッドは、低糖質生活をしている人の神パンとなりうるのか?

ヤマザキ糖質ひかえめブレッド 6枚スライス

主食を自粛する生活は辛い!

低糖質生活をしている人にとって、最も辛いのは主食であるお米やパンを積極的に食べるのを控えること!な気がする今日この頃。

それまでは、朝食にトーストや3時のおやつに菓子パンなどを食べたり、納豆ごはんや炒飯、カレーライスなど、おいしいパンや白米を毎食食べていたので、これらを控え始めるのはなおのこと辛いですよね。

でも糖質制限ダイエットをしているときなどは、糖質が結構高いお米やパンは大敵だからしょうがないのか…。

なんて諦めるわけにはいかないので、スーパーを駆けずり回り、とっておきの商品を探し出しちゃいました!

糖質ひかえめブレッド

こちらは、ヤマザキが出している、その名も「糖質ひかえめブレッド」。

なんでも1枚あたりの糖質が6.0gという低糖質生活をしている人にとっては、もはや神のパンと言っていいほど。

通常の食パンは1枚あたり、糖質がおおよそ20~40gほどと言われているので、そう考えると、圧倒的に糖質が少ないのがわかり、いいもの見つけたと嬉しい限り。

袋には、50%オフと書いているけれど、なんだかそれ以上な気がするのは僕だけ(笑)?

栄養成分表示(100g当たり)

栄養成分表示(100g当たり)という表記に関しては以下の通り。

熱量:239kcal
たんぱく質:15.9g
脂質:7.4g
炭水化物 糖質:21.3g
食物繊維:12.0g
食塩相当量:1.3g
(製品1枚当たりの目安)
熱量:68kcal
糖質:6g

こうしてみると、通常のパンに比べて、圧倒的に食物繊維が多いことに気づきました。

食物繊維は、便秘にいいということは知っていたけど、実は糖質の吸収を緩やかにしてくれたり、食後血糖値の急激な上昇を抑えると言われるいいことずくめの栄養素とのこと。

そう考えると、「糖質ひかえめブレッド」は、食物繊維が多く含まれているということで、低糖質生活をしていない人にもオススメできるパンな気がします。

肝心のお味は

パンは、生のまま、トーストにして、途中からバターを塗って、食べてみることに。

バターで糖質ひかえめブレッドだと相性良し?

第一印象は、先入観抜きに、風味が良いということ。ややブランパンに近いかなっていう感じはするものの、個人的には香り高いブラン(=ふすま)が好きなので、むしろ通常の食パンよりいい香りと思いました。

でも実は、ブランは含まれてなく、大豆粉が含まれているんですね。そう考えると、この風味を出せたのはある意味凄い企業努力があったと思われます。

トーストにしてみると、これでもかと小麦の香りが強く出るので、ここは意見が分かれるかも。でも「糖質ひかえめブレッド」は、「パンそのもの」を食べていると実感できる風味を有しているので、パン好きの人なら気に入ってもらえるはず。

もちもち感はそれほどないので、生食よりもトーストで軽く焼いた方が、その実力を発揮しそう。ハムやチーズ、野菜なんかを挟んで食べると、間違いなく美味しくなる、おかずパン向きな味だと思いました。

結論、低糖質生活をしている人にはぜひ食べて欲しい逸品。2枚食べても、パンに含まれる糖質は12gだから、余裕でOK!

但し、ジャムやはちみつの塗りすぎには注意が必要です(笑)

アウトドア×低糖質 Vol.2 低糖質食パン、フランクフルト、キャベツを使い、オリジナルホットドッグを作ってみた

敷島製パンの「低糖質シリーズ」がリニューアル。あなたはどれを選ぶ?