低糖質、低GI食品で人気のSOYJOYより、コーヒーとの相性が「コーヒー&ナッツ味」が発売!

SOYJOY「コーヒー&ナッツ味」

大豆製品に強い大塚製薬

ポカリスエット、オロナミンC、カロリーメイト、ファイブミニ、アミノバリュー、OS-1など誰もが知っている大人気商品を数多く輩出している大塚製薬。

どれもがロングセラー商品として、末長く愛されており、その商品開発には目を見張るものがありますよね。

そんな大塚製薬ですが、実は大豆関係の商品も数多く出しており、多くのヒット商品を出しているのを知っていますか?

例えば、ソイカラ。特定保険用食品としても知られており、1袋123kcalの低カロリー食品として、ダイエット中の人に大人気のスナックです。

スゴイダイズは、スーパーに行けば牛乳コーナーに置いてある飲料で、大豆の旨味を生かしたその美味しさは、豆乳の概念を変えたほど。

他に、大豆炭酸飲料のソイッシュや、女性に大人気の健康食品エクエルなど、多くの大豆関連の商品を出しています。

SOYJOY(ソイジョイ)

そんな中、今回ご紹介するのは、みんな大好きSOYJOY。

SOYJOY

主成分は、大豆で出来ており、コンビニでもキオスクでも気軽に購入できる手軽さと、小腹が空いたときやダイエットをしている人にちょうどいいサイズのバーということで、既にロングセラー商品となっています。

しかし、低糖質生活が注目したのは人気があるところではなく別のところ。

それは “低GI食品”であるということ。

GIとはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食品に含まれる糖質の吸収度合を示す値。GI値が低いほど、糖質の吸収がおだやかで太りにくいと言われ、さらに、GI値が55以下の食品は低GI食品と呼ばれています。

このSOYJOYは、全アイテムが低GI食品の低糖質生活をしている人には嬉しい商品なんです。

低GI値食品のビーフンを使って「ゆるグルテンフリー」を実践!残暑はコレで乗り切れ!

商品特徴

SOYJOYは、大豆を粉にした生地に様々な素材を加えて焼き上げた栄養食品で、1本で約35粒分の大豆の栄養をまるごと(※うす皮を除く)摂ることが出来ます。

また、作る際に小麦粉を使用しておらず、糖質量は1本あたり10g 程度とのことなので、糖質量を気にする低糖質生活者も安心して食べることが出来そうです。

さらに、お菓子や菓子パンなどと比べてみても、たんぱく質量が多く、大豆イソフラボンも多く入っているため、健康の観点から見ても嬉しい商品と言えそうです。

新しい味が登場

たくさんの味があるSOYJOYに新しい味が登場。

今回発売されるのは、コーヒー&ナッツ味。

ソイジョイ コーヒー&ナッツ味

しっかり噛み応えのあるコーヒー風味の生地に、香ばしいナッツがギッシリと練りこまれたクセになる大人の苦みと程よい甘さが特徴で、一度食べたら病みつきになりそう。

まるごと大豆の高い栄養価に加え、ブレイクタイムの象徴であるコーヒーとナッツを組み合わせているので、リフレッシュアイテムにぴったり。

低糖質生活をしているコーヒー好きの人にぜひ食べてもらいたい逸品となっています。