人気の人工甘味料「ラカントS」と「パルスイート」を食べ比べ!低糖質生活を実践している人に知ってほしい!味、特徴、違いは?

糖質と糖類

<ラカントSシロップ(100g当たり)>

炭水化物19.6g
糖質19.1g
糖類0g
食物繊維0.5g
ラカントSシロップ(100g当たり)

<パルスイート カロリーゼロ(小さじ1杯5.0g当たり)>

炭水化物0.3g
糖質0.3g
糖類0g
食物繊維0.01g
パルスイート カロリーゼロ(小さじ1杯5.0g当たり)

数値の値が異なりますが、両製品で共通して言えるのは、糖質はあるが糖類は0gという点。

これはいったいどういうことなのでしょうか。

炭水化物は、体内で消化、吸収され、栄養分になる「糖質」と、消化されずに排出される「食物繊維」の両方からなっているのですが、その中の「糖質」の中には「糖類」と呼ばれる成分があります。

この「糖類」は、糖質の中でも、砂糖やブドウ糖などの単糖類と二糖類のことを指し、これらはいわゆる血糖値に影響を与える成分として知られております。

一方、これらの製品に含まれている「糖質」は、でんぷんや糖質制限アルコールなどであるため、ブドウ糖などに分解されるのに時間がかかり、血糖値にさほど影響を与えないと言われております。

よって、この両製品に関しては、糖質だけでみると多少の数値は存在するものの、実際は糖類が0gなので、そこは心配しなくて良いというワケです。

気になるお味は

両製品をお皿に同じ分量を入れ、舐め比べ。さらに、無糖のブルガリアヨーグルトにかけて、食べ比べてみました。

味でいうと、ラカントSシロップは優しい甘さで、角が立っていなく丸い味わい。口に含むと、ほんのりブラウンシュガーのような風味するので、コーヒーや紅茶に入れると相性が良い感じです。

一方の、パルスイート カロリーゼロは、口に含むとストレートに甘さ広がる感じで、クセのない味なのが特徴といったところ。

甘さもラカントSシロップと比べて強いので、確かに使う量は少なくて済みそうです。

teito-K

個人的な使い方としては、ラカントSシロップは優しい味わいをそのまま生かしたいので、煮魚、すき焼きの割り下、卵焼き、スイーツ関係を作るときに使い、パルスイート カロリーゼロは、これら以外の料理全般に使って、区分けしております。

ちなみに、両製品を使って、数種類の同じ料理を作ってみましたが、隠し味として入れる場合に関しては正直その味の違いはわかりませんでした。

なお、ヨーグルトにそのままかけて食べる場合は、ラカントSシロップのほんのりブラウンシュガー風味が好みなので、こちらをかけて味わっております。

おそらく人工甘味料を使用している人たちの中でも、味や甘さによって、これらの製品を使い分けしている人は多いはず。

今後も両製品と相性の良い料理などを探してみて、オススメできるような調理法が見つかれば、食レポで紹介いたします。

栄養成分表示

<ラカントSシロップ(100g当たり)>

エネルギー0kcal
たんぱく質0kcal
炭水化物19.6g
糖質19.1g
糖類0g
食物繊維0.5g

ラカントSシロップは、AMAZONでも購入できます

<パルスイート カロリーゼロ(小さじ1杯5.0g当たり)>

エネルギー0kcal
たんぱく質0kcal
炭水化物0.3g
糖質0.3g
糖類0g
食物繊維0.01g

パルスイート カロリーゼロは、AMAZONでも購入できます