糖質0g麺、カーボフ、ソイヌーを食べ比べ。大人気の低糖質麺の特徴と相性の良いレシピをそれぞれチェックしてみた。

大人気の低糖質麺の食べ比べ

スーパーで人気の2つの低糖質麺

ここ数年の低糖質食品ブームの中でも、特に人気があるのが「麺」類。

スーパーマーケットに行けば、低糖質麺、こんにゃく麺、糖質オフ麺などたくさんのメーカーから発売されています。

中でも特に販売好調な人気商品がこちらの2点。

ひとつは、合わせるレシピを制限せず、幅広い調理が楽しめる「糖質0g麺 丸麺」。丸麺の他、平麺、細麺も販売されており、今やどのスーパーのも置かれているほどの大人気低糖質麺となっています。

大人気!糖質0g麺 丸麺タイプに合う食べ方はどれ? ○○みがあるスープとの相性が抜群なことを発見!

もうひとつは、パスタ麺に糖質カットの革命を起こした「カーボフ」。低糖質食品にもかかわらず有名スポーツ選手をCMに起用するなど、低糖質食品の存在を世間に知らしめた商品としても知られており、糖質を控えた麺でパスタを食べたいという人にはダントツ人気を誇っています。

糖質50%オフの人気低糖質パスタ「カーボフ」をさらに美味しく食べる裏技を伝授

SNSで話題持ちきりのソイヌー

低糖質麺で人気があるのは、スーパーで人気の2商品だけではありません。

ソイヌーのパスタ

こちらは、SNSで超話題の低糖質麺「ソイヌー」SNSやnoteなどからじわじわと話題となり、現在では限定販売をすると、即完売になるなど話題で持ちきりの低糖質麺。特に、低糖質生活をしている人を中心に、ソイヌーのレシピを公開したり、写真をアップしたりしている人が後を絶たず、現在一番ホットな低糖質麺と言えるかもしれません。

ちゃんぽん

麺料理だけでなく、米料理にも相性抜群!低糖質麺「ソイヌー」を食べてみた。

3種類を食べ比べ

今回は、そんな世間で話題沸騰の低糖質麺3種類に、レトルトの低糖質ミートソースをかけて、食べてみましたので、それぞれの比較について紹介したいと思います。

  • 糖質0g麺 丸麺:沸騰したお湯に、3分入れて茹で上げ
  • カーボフ:沸騰したお湯に、13分入れて茹で上げ
  • ソイヌー:沸騰したお湯に、3分入れて茹で上げ
  • カーボフ 低糖質ミートソース:沸騰したお湯に、5分入れて茹で上げ

それぞれの麺を上記時間茹でた後に湯切り、お皿に載せた後、ミートソースをかけて実食してみました。

糖質麺 比較表

糖質0g麺 丸麺カーボフソイヌー
硬め柔らかい硬いやや硬め
ソースとの馴染みとても良い良いとても良い
食感なしややボソボソ粘り気あり
相性うどん、ラーメンパスタ、焼きそばパスタ、焼きそば、
ラーメン、チャーハン
茹で時間茹でなくても食べることができる15分以上
茹でないと硬い
わずか3分で
茹で上がる
嬉しいポイント安価、比較的手に入りやすい安価、比較的手に入りやすい。
パスタとの相性は抜群
短くカットすれば、
お米代わりとしても最適
惜しいポイント麺が柔らか過ぎるので、
コシがある麺好きには合わない
茹で時間の加減が難しいなかなか手に入りにくい。やや高価

それぞれを比較してみて

今回は、パスタソースを絡めてみましたが、どの麺もそれぞれの特徴があり、どれも美味しく食べることができました。

<糖質0g麺丸麺>
糖質0g麺丸麺
糖質0g麺丸麺

プチプチとすぐに切れる食感に好き嫌いがあるかもしれませんが、柔らかく、加水率が高い分、ソースと上手く絡みは良いように思います。

ただお湯をきちんと切っても、後から水が滲み出てくるので、きちんと湯切りをしないと水分過多のパスタになってしまうという点はマイナスかも。

また、スープパスタやうどんなどスープが絡むレシピとは相性抜群ですが、焼きそばのような焼き物に関しては、水分量が多いため、上手く作ることは結構難しいかも。

<カーボフ>
ポポロスパ カーボフ
ポポロスパ カーボフ

今回は、カーボフの低糖質ミートソースを使用したからか、こちらの兄弟同志の相性は抜群、安定した美味しさでした。

カーボフは、かなり硬い麺なので、パッケージ通りには茹でず、15分以上茹でることによって、ようやくちょうどいい具合の硬さになります。よって、よっぽどの硬い麺好き以外はぜひ15分を目安に茹でてみてください。

ややパサパサ感がある食感のため、茹でて皿に載せた後は、バターやオリーブオイルを加えることによって、パサパサ感を取るのをオススメ。

また、硬い食感なので、パリパリした焼き物との相性はバッチリ。焼きそばも美味しく作ることができるのは隠れた嬉しいポイント

<ソイヌー>
ソイヌー
ソイヌー

ソイヌーは、他の2つと比べても粘り気があるため、切り刻んでお米代わりに使ったり、ラーメンやうどん、焼きそばなど幅広いレシピを作ることができる万能性がウリ。

茹で時間もわずか3分できるので、忙しいときの時短レシピにもピッタリです。

また、これだけコシがある麺にもかかわらず、150g中糖質はわずか3.75g

さらに、タンパク質が30gも含まれているため、健康志向の人には特にオススメです。

今回は大人気低糖質麺を比較しましたが、麺によってレシピとの相性があったり、硬さや茹で時間などが異なるため、ぜひご自分の食生活に合わせてお選びいただけたら幸いです。